バイクの買い替えは平均何年くらい?乗り換えにベストな時期と高値売却に最適な方法

「バイクの買い替えは平均何年くらい?」

「乗り換えにベストな時期はいつ?高値で売るならどうやるのがいい?」

様々な理由で時折検討する「バイクの買い替え」

環境の変化、新しいモデルへの好奇心、メンテナンスコストなどなど。

筆者も過去3回以上、買い替えを行ってきましたが、毎回思うのは「どうやって買い替えようかな?」

バイクの買い替えを検討している人にとって、手続きの流れや高値で売却する方法は、非常に知りたい情報です。

本記事では、バイクの買い替えは平均何年くらいなのかの結論と高値売却に最適な方法について詳しく解説していきます!

【結論】バイクの買い替えは平均何年くらい?

バイクの買い替えは平均何年くらいなのかどうか?

結論からいうと、バイクの買い替えは平均約13年程度です。この理由は、少子高齢化や新車販売の停滞によって、古いバイクが長期間使用される傾向が強まっているためです。具体的には、自動車検査登録情報協会の調査によると、小型二輪車の平均使用年数は13.23年となっています。新車の販売が減少し、既存のバイクが長く使われることで、結果として平均使用年数が伸びています。

この傾向は、日本の人口動態の変化とも関連しています。少子高齢化が進行する中で、新車を購入する若年層の割合が減少し、その結果として既存のバイクの使用期間が延びることになります。また、経済的な要因も影響しています。新車の購入には多額の費用がかかるため、多くのバイクオーナーは、できるだけ長く現在のバイクを使用することを選択しています。

さらに、技術の進歩により、バイクの耐久性や信頼性が向上していることも、長期間の使用を可能にしています。定期的なメンテナンスや部品交換により、古いバイクでも問題なく運転できる状態が維持されることが多くなっています。

以上のような理由から、バイクの買い替えの平均期間が長くなっている背景として、社会的、経済的、技術的な要因が複合的に影響していると考えられます。

今すぐバイクの乗り換えで後悔しないための高値売却に最適な方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。手間なく安心して買取手続きできる方法があります。

何年以外にバイクの買い替え時期を検討するきっかけ

バイクの買い替えは平均何年か?に対する結論は、約13年程度です。

では、何年以外にバイクの買い替え時期を検討するきっかけは何なのか?具体的に解説します。

【きっかけ1】走行距離が5万~10万キロに達したから

まず1つ目のきっかけとして多いのは「走行距離が5万~10万キロに達したから」

バイクの買い替え時期を検討する際、走行距離が5万~10万キロに達した場合が一つの目安となります。まず、走行距離が増えるとエンジンや主要部品の摩耗が進み、性能が低下します。

例えば、エンジンの寿命が一般的に10万キロ前後と言われているため、走行距離がこの範囲に達するとエンジンの故障リスクが高まります。当然ながら、故障リスクが高まれば、メンテナンスコストの増加も無視できません。5万キロを超えると、タイヤやブレーキパッド、チェーンなどの消耗部品の交換が頻繁に必要になり、費用がかさみます。さらに、走行距離が増えることで中古市場での評価が下がり、売却時の価値が低くなります。

以上のような要因を考慮すると、走行距離が5万~10万キロに達した時点で新しいバイクへの買い替えを検討することが適しています。安全かつ快適な走行を維持するために、この時期に買い替えを検討することが望ましいです。

【きっかけ2】故障が増えて修理も頻繁に必要になったから

次に2つ目のきっかけとして挙げられるのは「故障が増えて修理も頻繁に必要になったから」

バイクの買い替え時期を検討するきっかけとして、「故障の頻度」が挙げられます。なぜなら、故障が多発すると修理費用がかさむからです。

例えば、年間の修理費用が10万円を超えるようになると、新しいバイクの購入を検討する方が経済的に賢明です。また、故障による安全性の低下も無視できません。エンジントラブルやブレーキの不調が続くと、事故のリスクが高まります。さらに、修理に時間がかかることでバイクの利用が制限され、通勤や趣味に支障をきたす可能性があります。これらの要素が重なると、安定した走行が難しくなり、新しいバイクへの買い替えが現実的な選択肢となります。

したがって、故障が頻繁に発生し、修理費用が高額になる状況では、バイクの買い替えを検討することが選択肢としてはメリットが大きくなります。

【きっかけ3】ライフスタイルが変化したから

そして3つ目のきっかけとして挙げられるのは「ライフスタイルが変化したから」

バイクの買い替え時期を検討するきっかけとして、「ライフスタイルの変化」が挙げられます。なぜなら、ライフスタイルの変化に伴って、現行のバイクでは、利用に適さない可能性が発生するからです。

例えば、結婚や子供の誕生により、二人乗りや荷物の運搬が必要になる場合、大型のツーリングバイクやサイドカー付きのバイクが適しています。また、通勤のために毎日バイクを使用する場合、燃費が良く扱いやすいスクーターに買い替えることが望ましいです。

さらに、引っ越しに伴い長距離の通勤が必要になる場合、快適性と高速道路の走行性能を備えた大型バイクへの変更が適しています。ライフスタイルの変化によりバイクの使用目的や必要な機能が変わることで、新しいバイクへの買い替えが必要になります。実際、月間走行距離が500キロを超える場合、耐久性と快適性が重要な要素となります。

以上のような理由を考慮すると、ライフスタイルの変化がバイクの買い替えを検討する大きな要因になるといえます。

今すぐバイクの乗り換えで後悔しないための高値売却に最適な方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。手間なく安心して買取手続きできる方法があります。

バイクを買い替える具体的な流れ・手続きと注意点

ここまで、バイクの買い替えに関する、平均的な年数と買い替え時期を解説してきました。

では具体的に、バイクの買い替えを検討した時、どういった流れで手続きは進めればいいのか?

すでに買い替えを考えている方に、バイクを買い替える具体的な流れ・手続きと注意点をまとめていきます。

【流れ1】予算の設定とバイクの選定

まず行うのは「予算の設定とバイクの選定」

バイクの買い替え時における「予算の設定とバイクの選定」は最初のステップです。まず、予算の設定は、購入にかかる総費用を明確にすることが目的です。新車の場合、車両価格に加え登録費用、保険料、消耗品の交換費用などを考慮する必要があります(出典:日本二輪車普及安全協会「どうすれば乗れる?いくらかかる?」)。例えば、車両価格が50万円のバイクを購入する場合、登録費用や保険料を含めると総額で約60万円前後になります。

次に、バイクの選定では、自身のライフスタイルや使用目的に合ったバイクを選ぶことが重要です。通勤用には燃費が良く、扱いやすいスクーターが適しています。一方、長距離ツーリングには快適性と走行性能の高いツアラーのバイクが理想的です。また、選定時には複数のモデルを試乗し、実際の乗り心地や操作性を確認することが推奨されます。

さらに、予算と選定の注意点として、購入後のメンテナンス費用も考慮する必要があります。高性能なバイクほど、定期的な点検やパーツ交換が必要となり、維持費がかさむことがあります。これらの要素を総合的に考慮することで、最適なバイクを選ぶことができます。

【流れ2】購入先の決定と買取査定

バイクを選定したら次に「購入先の決定と買取査定」

バイクを買い替える際の「購入先の決定と買取査定」を行います。まず、購入先の決定は信頼性とサービスの質を考慮することが大切です。信頼できるバイクショップやディーラーを選ぶために、オンラインのレビューや口コミを参考にし、実際に店舗を訪れてスタッフの対応を確認することが推奨されます。購入後のアフターサービスや保証内容もチェックポイントです。

次に、買取査定においては、複数の業者に査定を依頼することが重要です。一般的に、同じバイクでも査定額に数万円の差が出ることがあります。例えば、買取業者Aが20万円と査定したバイクを業者Bが25万円で買い取ることもあります。このため、最低でも3つの業者から見積もりを取得し、最も高い買取額を提示する業者を選ぶことが賢明です。

バイクの買取を依頼する業者でおすすめなのは「バイク王」。創業29年の信頼と累計取扱台数200万台以上の豊富な実績を有する上場企業が運営するサービスです。まずはお試しで無料査定してみる

さらに、買取査定の際には、バイクの状態を良好に保つことが重要です。洗車やメンテナンスを行い、見た目を整えるだけで査定額が上がることがあります。また、整備記録や改造の有無も査定に影響するため、正確な情報を提供することが求められます。

以上の手続きと注意点を踏まえ、購入先と買取査定を慎重に行うことで、満足のいくバイクの買い替えが実現します。

【流れ3】購入契約の締結

買取査定が完了したら「購入契約の締結」

「購入契約の締結」にあたって、まず、購入契約を締結する前に、契約書の内容を詳細に確認することが必要です。契約書には車両価格、支払い条件、納期、保証内容などが記載されており、不明点や疑問点があれば事前に確認し、納得できるまで説明を求めることが重要です。

次に、購入契約の際には、追加費用が発生する可能性があるため注意が必要です。例えば、登録費用、納車費用、オプションパーツの取り付け費用などが挙げられます。これらの費用が含まれているかどうかを確認し、総額を把握することが重要です。

また、支払い条件についても注意が必要です。一括払い、分割払い、ローンなどの支払い方法があり、各方法のメリットとデメリットを理解した上で選択することが求められます。ローンを利用する場合は、金利や返済期間についても十分に確認する必要があります。

さらに、保証内容についても詳細に確認することが重要です。メーカー保証や販売店保証の範囲、期間、対象部品などを理解し、安心してバイクを購入できるようにします。

以上の手続きと注意点を踏まえることで、購入契約をスムーズかつ安全に進めることができます。

今すぐバイクの乗り換えで後悔しないための高値売却に最適な方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。手間なく安心して買取手続きできる方法があります。

【流れ4】保険の手続き

購入まで進んだら「保険の手続き」

新しいバイクを購入した場合、既存の保険契約を新しいバイクに適用させるための手続きを行う必要があります。具体的には、保険会社に新しいバイクの情報を提供し、契約内容の変更を依頼します。この手続きを怠ると、事故やトラブルが発生した際に保険が適用されない可能性があります。

次に、自賠責保険任意保険の確認が必要です。自賠責保険は法律で義務付けられているため、必ず加入しなければなりません。任意保険は事故の際の補償を手厚くするために重要です。補償内容や保険料を比較検討し、自分に合った保険プランを選ぶことをおすすめします。

また、保険料の見積もりを取る際には、バイクの年式、走行距離、使用目的などが影響するため、正確な情報を提供することが重要です。実際、年間走行距離が多い場合は保険料が高くなる傾向があります。

最後に、保険の契約期間も確認し、更新手続きを忘れないようにすることが重要です。契約期間が切れると、無保険状態となりリスクが高まります。定期的に保険内容を見直し、適切な保険を維持することで、安心してバイクを利用できます。

【流れ5】名義変更と納車

そして最後に行うステップが「名義変更と納車」

名義変更は新しいバイクの所有権を正式に移転するために必要です。名義変更を行うには、自動車検査証、譲渡証明書、印鑑証明書などの書類が必要です。手続きは運輸支局(運輸局・陸運局)で行いますが、ディーラーが代行することも可能です。

注意点として、名義変更は迅速に行うことが重要です。なぜなら、名義変更が遅れると、新しいバイクに対する自賠責保険や任意保険の適用が遅れ、無保険状態での運転リスクが高まるからです。したがって、購入後速やかに手続きを行うことが望ましいです。

納車時には、新しいバイクの動作確認が必要です。エンジンの始動、ブレーキ、ライトなどの基本的な機能を確認し、不具合がないかチェックします。また、取扱説明書をよく読み、操作方法や注意点を理解しておくことが重要です。さらに、納車時には付属品やオプションパーツが契約通りに装備されているか確認します。例えば、オプションのグリップヒーターやサイドバッグなどが取り付けられているかチェックします。

以上の手続きと注意点を踏まえることで、名義変更と納車をスムーズに行い、安心して新しいバイクを利用できます。

今すぐバイクの乗り換えで後悔しないための高値売却に最適な方法を知りたい方は、こちらをご覧ください。手間なく安心して買取手続きできる方法があります。

バイクの買い替えに悩む人に!乗り換えにベストな時期

ここまで、バイクを買い替える具体的な流れ・手続きと注意点について詳しく解説してきました。

中には、買い替えにあたっていつがベストな売り時なのか?調べている方も多いでしょう。

ここからは、バイクの買い替えに悩む人に!乗り換えにベストな時期についてご紹介します!

【時期1】3月や9月の決算期

まず1つ目のベストな時期が「3月や9月の決算期」

3月や9月の決算期は、バイクの買い替えを検討する上でベストな時期です。この時期にバイクを売却すると高値で売れる可能性があります。理由は、販売店が決算を迎えるため、在庫を増やして売上を伸ばそうとするからです。具体的には、3月末と9月末にかけては、多くのディーラーが在庫を確保するために積極的に買取を行い、通常より高い買取価格を提示することが多いです。

例えば、通常の月に比べて5%から10%程度高い価格で買い取ってもらえることが期待できます。また、決算期は買取強化キャンペーンが実施されることもあり、これによりさらに有利な条件で売却できる可能性が高まります。実際、販売店の情報をみても、3月や9月には買取価格が他の月に比べて数万円高くなるケースが多く見受けられます。

このように、3月や9月の決算期にバイクを売却することで、より高い買取価格を得ることができ、買い替えの際の資金を増やすことができます。したがって、決算期を狙ってバイクの売却を検討することが賢明です。

【時期2】ツーリングシーズン

次に2つ目のベストな時期が「ツーリングシーズン」

バイクの買い替えに悩む人にとって、ツーリングシーズンは乗り換えのベストな時期です。特に春から夏にかけての時期は、バイクを高く売るための好機です。なぜなら、多くのライダーがツーリングを楽しむためにバイクを購入するため、この時期は需要が高まるからです。具体的には、3月から6月、そして9月から10月がツーリングシーズンのピークです。

例えば、バイク買取業者のデータによれば、春先の3月から5月にかけては、バイクの需要が他の月に比べて20%以上増加します。この時期は気候が良く、ツーリングに最適な季節であるため、多くのライダーが新しいバイクを求めます。そのため、買取価格も自然と高くなります。

また、ツーリングシーズンに入る前のタイミングでバイクを売却すると、購入者が新しいバイクを探し始める時期と重なり、高値での取引が期待できます。例えば、3月に売却することで、春からのツーリングシーズンに間に合うため、買い手がつきやすくなります。

このように、ツーリングシーズンはバイクの需要が高まり、買取価格が上昇するため、バイクを売却するのに最適な時期です。したがって、春から夏にかけてのツーリングシーズンを狙って、バイクの買い替えを検討することが賢明です。

【時期3】夏と冬のボーナス支給前

そして3つ目のベストな時期が「夏と冬のボーナス支給前」

バイクの買い替えに悩む人にとって、夏と冬のボーナス支給前は乗り換えのベストな時期です。理由は、ボーナスが支給されることで多くの人が購買力を高め、新しいバイクの購入を検討するためです。具体的には、夏のボーナス支給前の6月と、冬のボーナス支給前の12月がこの時期に該当します。

例えば、6月は多くの企業が夏のボーナスを支給する時期であり、このタイミングで新しいバイクを購入する人が増えます。実際、6月にはバイクの需要が通常の月に比べて増加。同様に、12月の冬のボーナス支給前も同様の傾向が見られます。ボーナス支給前にバイクを売却することで、高値での取引が期待できます。購入者がボーナスを使って新しいバイクを購入する意欲が高まり、結果的に買取価格が上昇するためです。

このように、夏と冬のボーナス支給前はバイクの需要が高まり、買取価格が上昇するため、バイクを売却するのに最適な時期です。したがって、6月や12月を狙ってバイクの買い替えを検討するのがおすすめです。

バイクの乗り換えで後悔しないための高値売却に最適な方法

「修理費用も高額になりそうだから、買い換えを検討したい」
「今のバイクもすでに5万キロを超えてきたから、乗り換えたい」
「売るなら高値で売却したいけど、どこで売るのがいいのかわからない」

愛車のバイクを売るなら、どうやって売るのが最も高値売却につながるのか?

結論からいうと、バイクの売却は「下取り」ではなく「買取」を選ぶのがおすすめです。

なぜなら、下取りでは販売店が中間マージンを取るため、買取価格が構造的に低くなります。一方、買取業者には中間マージンや不要なコストが発生しないため、高い価格での売却に期待できます。

では、どの買取業者に売却するのがいいのか?買い取ってもらった後も、後悔なく安心して取引できるのか?

そのバイクの乗り換えで後悔しないための高値売却に最適な方法というのが、「実績豊富な買取業者を利用すること」です。

実績が豊富なのは、信頼されている証。
査定額だけでなく安心して取引するにも、実績で判断するのが最適な方法だといえます。

そんな実績豊富なおすすめの買取業者が、CMでも話題の「バイク王」を活用することです。

バイク王は、創業29年の信頼と累計取扱台数200万台以上の豊富な実績を有する上場企業が運営するサービスです。

バイク王を利用するメリット

  • 24時間365日いつでも無料査定可能(土日も対応)!
  • 査定だけでなく、めんどくさい手続きなどもサポート!
  • 万が一、商談が成立しなくても出張料や査定料等の負担は一切なし!

バイク王の利用に向いてる人

  • 信頼できる実績豊富な買取業者に依頼したい人
  • 店舗に出向く時間がない&手間なく売却したい人
  • 壊れているバイクを買い取ってもらいたい人(可能な場合あり)

上記のような愛車のバイクを売却したい、できれば高値で売却したい方は、ぜひご活用ください。

\カンタン30秒で入力完了!/
『バイク王』まずはお試しで無料査定してみる
【公式サイト:https://www.8190.jp

【Q&A】何年か気になるバイクの買い替えに関するよくある疑問

最後に何年か気になるバイクの買い替えに関するよくある疑問をまとめます。

【疑問1】バイクの平均使用年数は?

「バイクの平均使用年数は?」

一般的に、バイクの平均使用年数は約7年から10年とされています。理由として、エンジンや主要部品の耐久性が挙げられます。

例えば、エンジンの寿命は通常10万キロメートル前後であり、年間走行距離1万キロメートルと仮定すると約10年でエンジンが劣化することになります。また、バイクの用途やメンテナンス頻度も影響します。通勤やツーリングなど頻繁に使用する場合、消耗が早まり、使用年数が短くなることがあります。一方、定期的なメンテナンスを行うことで、使用年数を延ばすことも可能です。

したがって、バイクの平均使用年数は7年から10年が目安となります。

【疑問2】バイクをすぐ乗り換える人の特徴は?

「バイクをすぐ乗り換える人の特徴は?」

結論からいうと、新しい技術やデザインに敏感な人は、最新の電子制御システムやデザインが導入された新モデルが発売されるとすぐに乗り換えます。ライフスタイルの変化に対応するため、仕事の転勤や引っ越し、家庭環境の変化でバイクの用途が変わる場合にも、新しい環境に適したバイクに乗り換えることが多いです。趣味としてバイクを楽しむ人も、ツーリングやレースに参加するため、目的に合った性能のバイクを選び、頻繁に新しいモデルに乗り換えます。

以上のように、新しい技術、ライフスタイルの変化、趣味がバイクをすぐに乗り換える人の特徴です。

【疑問3】バイクを売るなら下取りと買取どちらが高く売れる?

「バイクを売るなら下取りと買取どちらが高く売れる?」

バイクを売る際に下取りと買取のどちらが高く売れるかについて、一般的には買取の方が高値が期待できます。なぜなら、買取専門店は独自の流通ルートを持ち、販売コストを抑えられるためです。

例えば、同じバイクでも買取専門店では10万円で買い取られる一方、下取りでは7万円程度にとどまることがあります。さらに、複数の買取業者に査定を依頼することで、より高い価格を引き出すことが可能です。オンライン査定や一括査定サービスを利用することで手軽に比較できます。

ですので、愛車のバイクを高く売りたい場合は「買取」を選ぶのが賢明です。

まとめ:バイクの買い替えは平均何年&高値売却に最適な方法

バイクの買い替えは平均何年&高値売却に最適な方法をまとめてきました。

結論、バイクの買い替えは平均約13年程度です。

改めて、バイクの買い替え時期を検討するきっかけをまとめると、

バイクの買い替え時期を検討するきっかけ

  • 走行距離が5万~10万キロに達したから
  • 故障が増えて修理も頻繁に必要になったから
  • ライフスタイルが変化したから