バイクのキーを回しても電源が入らない!反応しない原因は?対処法と修理費用

「バイクのキーを回しても電源が入らない!なぜ?」

「反応しない時の対処法は?修理にはどれくらい費用がかかる?」

キーを回しても電源が入らない!

急いでいるのに、トラブルに見舞われたら困りますよね。愛車に愛想つかされたのか心配にもなります。

なぜ、バイクのキーを回しても電源が入らないのか。
バイクのキーを回しても反応しない原因は何なのか。

本記事では、バイクのキーを回しても電源が入らない原因と対処法・修理費用の目安について詳しく解説していきます!

バイクのキーを回しても電源が入らない原因

なぜ、バイクのキーを回しても電源が入らないのか?

早速、バイクのキーを回しても電源が入らない原因について、主な理由を5つ解説していきます。

【原因1】ヒューズの切断

まず1つ目の原因として挙げられるのは「ヒューズの切断」

バイクのキーを回しても電源が入らない原因の一つに、ヒューズの切断が挙げられます。ヒューズは、電気回路を保護する重要な部品です。ヒューズが切断される原因は多岐にわたります。主な原因としては、過電流やショート回路などが挙げられます。これらの問題が発生すると、ヒューズが焼き切れて電流の流れを遮断し、電装系全体の保護が行われます。

例えば、バイクの配線にショートが発生した場合、過電流が流れます。過電流によりヒューズが焼き切れ、電源が入らなくなります。また、長期間使用されたヒューズは劣化しやすく、通常の電流でも切断されることがあります。

したがって、バイクのキーを回しても電源が入らない場合、ヒューズの切断が原因として考えられます。ヒューズの状態を点検し、必要に応じて交換することをおすすめします。

【原因2】電気系統の配線の不具合

次に2つ目の原因として挙げられるのは「電気系統の配線の不具合」

バイクのキーを回しても電源が入らない原因の一つに、電気系統の配線の不具合があります。配線は電力を各部に供給するために重要な役割を果たします。配線の不具合は、断線や接触不良などが原因です。例えば、配線が摩耗したり、腐食したりすると、電流が正常に流れなくなります。これにより、電装品が作動しなくなり、電源が入らない事態が発生します。

実際、長期間使用されたバイクでは、振動や外部の影響で配線が損傷しやすくなります。配線が擦り切れたり、コネクタが緩んだりすることで接触不良が起こります。その結果、キーを回しても電流が流れず、電源が入らない状態になります。

以上の理由から、電源が入らない場合は、電気系統の配線の不具合が疑われます。配線の状態を点検し、断線や接触不良がないか確認することが必要です。必要に応じて、配線の修理や交換を行うと良いでしょう。

【原因3】バッテリーの劣化や放電

3つ目の原因として挙げられるのは「バッテリーの劣化や放電」

バイクのキーを回しても電源が入らない原因の一つに、バッテリーの劣化や放電が挙げられます。バッテリーは、エンジン始動や電装品の動作に必要な電力を供給する重要な部品です。バッテリーの劣化は、長期間の使用や過度な放電により起こります。バッテリーは使用するうちに内部の化学反応が減衰し、電力を十分に供給できなくなります。また、放電が頻繁に起こると、バッテリーの寿命が短くなります。

例えば、バイクを長期間使用しなかった場合、自然放電によりバッテリーが空になり、電源が入らない状態になります。また、夜間にライトをつけっぱなしにしたり、エンジンを切った状態でアクセサリー電源を多用したりすると、バッテリーが過放電しやすくなります。

ですので、バイクのキーを回しても電源が入らない場合、バッテリーの劣化や放電が原因として考えられます。バッテリーの電圧を測定し、必要に応じて充電や交換を行うことで問題を解決できます。

【原因4】キーシリンダーの接触不良

4つ目の原因として挙げられるのは「キーシリンダーの接触不良」

バイクのキーを回しても電源が入らない原因の一つに、キーシリンダーの接触不良が考えられます。キーシリンダーは、電気回路のオンオフを制御する重要な部品です。キーシリンダーの接触不良は、内部の接点が摩耗したり、汚れや錆が付着したりすることが原因です。これにより、キーを回しても接点が正しく接触せず、電流が流れなくなります。その結果、電源が入らない状況が発生します。

例えば、長期間使用されたキーシリンダーは、内部の接点が摩耗しやすくなります。また、雨や湿気の多い環境で使用されたバイクは、キーシリンダー内部に錆が発生しやすくなります。これらの状況では、キーを回しても電源が入らないことがあります。

したがって、バイクの電源が入らない場合、キーシリンダーの接触不良が原因として疑われます。キーシリンダーの清掃や接点の修理を行い、必要に応じて交換することで問題を解決できます。

【原因5】イグニッションスイッチの故障

そして5つ目の原因として挙げられるのは「イグニッションスイッチの故障」

バイクのキーを回しても電源が入らない原因の一つに、イグニッションスイッチの故障があります。イグニッションスイッチは、エンジンの始動や電気系統のオンオフを制御する重要な部品です。イグニッションスイッチの故障は、内部の接触不良や機械的な損傷が原因です。

例えば、スイッチ内部の接点が摩耗したり、スプリングが劣化すると、キーを回しても正しく動作しなくなります。また、長期間使用された場合や過度な力を加えた場合に、スイッチの内部部品が損傷しやすくなります。実際、バイクを頻繁に使用する場合、イグニッションスイッチ内部の接点が摩耗して接触不良が発生します。また、キーを回す際に過度な力を加えると、スプリングが劣化しやすくなります。これにより、電源が入らない状態が発生します。

以上のことから、バイクの電源が入らない場合は、イグニッションスイッチの故障が原因の一つとして挙げられます。イグニッションスイッチの状態を点検し、必要に応じて修理や交換を行うことで問題を解決できます。

愛車のバイクを高値で売却したい方こちらをご覧ください。手間なく安心して、高く買い取ってもらえる方法があります。

バイクのキーを回しても反応しない時の対処法

ここまで、バイクのキーを回しても電源が入らない原因について解説してきました。

原因はわかっても、いざ反応しない状況に陥ったらどうしたらいいのか?

ここからは、バイクのキーを回しても反応しない時の対処法についてまとめていきます。

【対処法1】ヒューズの確認・交換を行う

まず取り組みたいのは「ヒューズの確認・交換を行う」

バイクのキーを回しても反応しない場合、ヒューズの確認と交換を行うことが有効な対処法です。ヒューズは電気回路を保護するために設置されており、異常時に電流を遮断します。ヒューズが切れている場合、電気の供給が遮断されてバイクの電装品が動作しません。ヒューズを確認し、切れている場合は新しいヒューズに交換することで、問題を解決できます。

具体的な対処法として、ヒューズの確認を行うには、まずバイクのヒューズボックスを探し、カバーを外します。次に、ヒューズを一つ一つ確認し、切れているものがないかチェックします。切れているヒューズが見つかった場合、同じアンペア数の新しいヒューズと交換します。交換後、再度キーを回して動作確認を行います。

したがって、バイクの電源が入らない場合、ヒューズの確認と交換を行うことが対処法として重要です。定期的なヒューズの点検と交換を行うことで、電装系のトラブルを未然に防ぐことができます。

【対処法2】バッテリーの点検と充電を行う

次に確認したいポイントとして「バッテリーの点検と充電を行う」

バイクのキーを回しても反応しない場合、バッテリーの点検と充電を行うことが対処法として有効です。バッテリーはエンジン始動や電装品の動作に不可欠な電力を供給します。バッテリーの電圧が低下している場合、エンジンが始動しなくなります。定期的な点検と充電を行うことで、バッテリーの性能を維持し、トラブルを防ぎます。

具体的にバッテリーを点検するためには、まずシートを外し、バッテリーの端子を確認します。次に、電圧計を使用してバッテリーの電圧を測定し、12V以下の場合は充電が必要です。充電器を使用してバッテリーを適切に充電し、充電後に再度電圧を測定します。電圧が12V以上であれば、エンジン始動が可能になります。

このように、バッテリーの点検と充電を行うことは、バイクのキーを回しても反応しない場合の有効な対処法です。定期的なバッテリーメンテナンスを行うことで、エンジントラブルを未然に防ぐことができます。

【対処法3】キーシリンダー内部の汚れや錆を清掃する

そして「キーシリンダー内部の汚れや錆を清掃する」

バイクのキーを回しても反応しない場合、キーシリンダー内部の汚れや錆を清掃することが対処法として有効です。キーシリンダーは電気回路のオンオフを制御する部品であり、正常な動作には内部の清潔さが重要です。キーシリンダー内部に汚れや錆が蓄積すると、接触不良が発生しやすくなります。接触不良が起きると、電流が正常に流れず、エンジンが始動しないことがあります。

キーシリンダーを清掃するためには、まずキーを抜きます。次に、専用の電気接点クリーナーをキーシリンダーの入口に噴射し、内部の汚れや錆を溶解させます。クリーナーが行き渡るように、キーを何度か挿入して回転させます。最後に、クリーナーを拭き取り、キーシリンダーの周囲を乾燥させます。これにより、接触不良が解消され、電流の流れが正常になります。

以上のことから、バイクのキーを回しても反応しない場合、キーシリンダー内部の汚れや錆を清掃することが望ましいです。定期的な清掃を行うことで、エンジン始動のトラブルを未然に防ぐことができます。

愛車のバイクを高値で売却したい方こちらをご覧ください。手間なく安心して、高く買い取ってもらえる方法があります。

バイクのキーを回しても電源が入らない症状の修理費用

ここまで、バイクのキーを回しても無反応な状況の原因と対処法をご紹介してきました。

では、バイクのキーを回しても電源が入らない症状の修理費用はどれくらいかかるのか?その費用の目安を症状別にまとめると、以下表のようになります。

症状 修理費用の目安
バッテリーの劣化や放電 バッテリーの交換費用は、新品バッテリーの価格に依存しますが、一般的に5,000円から15,000円程度です。バッテリー充電のみであれば、1,000円から3,000円程度です。
ヒューズの切断 ヒューズ自体の価格は数百円程度です。交換作業費用を含めると、1,000円から2,000円程度になります。
キーシリンダーの故障 キーシリンダーの交換費用は、部品代と作業費を含めて、10,000円から30,000円程度です。故障の程度によっては修理が可能な場合もあり、その場合は5,000円から15,000円程度です。
配線の不具合 配線の修理は、故障箇所の特定や修理内容により費用が変わりますが、5,000円から20,000円程度です。配線の交換が必要な場合は、さらに高額になる可能性があります。
イグニッションスイッチの故障 イグニッションスイッチの交換費用は、部品代と作業費を含めて、10,000円から25,000円程度です。修理が可能な場合は、5,000円から15,000円程度です。
スターターリレーの故障 スターターリレーの交換費用は、部品代と作業費を含めて、5,000円から15,000円程度です。

これらの費用はあくまで目安であり、実際の費用はバイクのメーカーやモデル、修理工場によって異なる場合があります。修理を依頼する際は、事前に見積もりを取ることをおすすめします。

愛車のバイクを高値で売却したい方こちらをご覧ください。手間なく安心して、高く買い取ってもらえる方法があります。

バイクのキーを回しても反応しない状況に陥らないための対策

キーを回しても反応しない事態が起きれば動揺しますね。筆者も経験済みです。

事前に原因や対処法を知っていたとしても、忘れる可能性も否定できません。

つまり、バイクのトラブルは、日頃からの使い方や対策が何より重要だといえます。

ですので、ここからはバイクのキーを回しても反応しない状況に陥らないための対策について詳しくご紹介していきます!

【対策1】バイクを定期的に走行させる

まず必ず意識したい対策が「バイクを定期的に走行させる」

バイクのキーを回しても反応しない状況を防ぐためには、定期的にバイクを走行させることが有効です。バッテリーの充電状態を維持するために重要です。バッテリーは自然放電するため、長期間放置すると電圧が低下します。定期的に走行させることで、バッテリーが充電され、電圧低下を防ぐことができます。また、エンジンや他の電装品も正常に動作するため、全体のメンテナンスにもなります。

例えば、週に一度はバイクを30分以上走行させることが望ましいです。短距離でも良いので、エンジンを回し、バッテリーが充電される時間を確保します。特に冬季はバッテリーの性能が低下しやすいため、定期的な走行がより重要です。筆者も冬場に同じ状況に陥りました(泣)。

したがって、バイクのキーを回しても反応しないなどのトラブルを未然に防ぐためには、定期的に走行させることが効果的です。これにより、バッテリーの健康状態を保ち、エンジン始動時のトラブルを回避できます。

【対策2】防水カバーを日頃から使用する

さらに事前に対策しておきたいことが「防水カバーを日頃から使用する」

バイクのキーを回しても反応しない状況を防ぐためには、防水カバーを日頃から使用することが重要です。なぜなら、雨や湿気からバイクを保護することで、電気系統のトラブルを防ぐことができるからです。雨や湿気はバイクの電気系統や接点に錆や腐食を引き起こします。防水カバーを使用することで、これらの要素からバイクを守り、電気系統の劣化を防止します。特に、屋外でバイクを保管している場合、防水カバーの使用は効果的です。

例えば、バイクを駐車する際に防水カバーをしっかりと被せます。特に雨の日や湿度の高い季節には、バイク全体を覆うカバーを使用することが望ましいです。防水カバーは、シート、ハンドル、電気系統などを含む全ての部分を保護します。定期的にカバーの状態をチェックし、破損があれば交換します。

ですので、防水カバーを日頃から使用することは、バイクのキーを回しても反応しない状況を防ぐための効果的な対策です。これにより、電気系統のトラブルを未然に防ぎ、バイクの寿命を延ばすことができます。

【対策3】雨天走行後のケアを怠らないようにする

そして3つ目に取り組みたい対策が「雨天走行後のケアを怠らないようにする」

バイクのキーを回しても反応しない状況を防ぐためには、雨天走行後のケアを怠らないようにすることが重要です。雨水は電気系統に悪影響を及ぼすため、適切なケアが必要です。雨水がバイクの電気系統に侵入すると、錆や腐食を引き起こし、接触不良やショートの原因になります。雨天走行後に適切なケアを行うことで、電気系統のトラブルを未然に防ぎます。

具体的には、雨天走行後はまずバイク全体を乾いた布で拭き取り、特に電気系統周辺の水分をしっかりと除去します。次に、キーシリンダーや接点部分に防錆スプレーを使用し、錆の発生を防ぎます。また、バイクを乾燥させるために、風通しの良い場所で保管することも効果的です。定期的に電気系統の点検を行い、異常がないか確認します。

以上の理由から、雨天走行後のケアを怠らないようにすることは、バイクのキーを回しても反応しない状況を防ぐために重要です。これにより、電気系統の寿命を延ばし、バイクの信頼性を保つことができます。

愛車のバイクを高値で売却したい方こちらをご覧ください。手間なく安心して、高く買い取ってもらえる方法があります。

【Q&A】キーを回しても電源が入らないバイクのよくある疑問

最後にキーを回しても電源が入らないバイクのよくある疑問をまとめます。

【疑問1】バイクのメインスイッチが入らない原因は何?

「バイクのメインスイッチが入らない原因は何?」

バイクのメインスイッチが入らない原因は複数考えられます。順番に解説します。

バイクのメインスイッチが入らない原因

  • まず、バッテリーの劣化や放電が一般的な原因です。バッテリーの寿命は約2~3年で、自然放電により電圧が低下します。
  • 次に、ヒューズの切断が挙げられます。ヒューズが切れると電気が通らなくなり、メインスイッチが反応しません。
  • さらに、配線の断線や接触不良も問題を引き起こします。特に古いバイクでは、配線の劣化が進行しやすいです。
  • イグニッションスイッチやキーシリンダーの故障も原因となります。これらの部品が正常に機能しないと電気が通らず、メインスイッチが入らなくなります。

したがって、バッテリーの電圧チェック、ヒューズの確認、配線や接点の点検を行い、必要に応じて部品の交換や修理を行うことが重要です。定期的なメンテナンスにより、バイクの信頼性を保つことができます。

【疑問2】バイクのキーシリンダーは接点復活剤で改善される?

「バイクのキーシリンダーは接点復活剤で改善される?」

バイクのキーシリンダーは接点復活剤で改善されることがあります。

キーシリンダー内部には接点があり、これらが汚れや錆で劣化すると接触不良が発生します。接点復活剤は、この汚れや錆を除去し、接触不良を改善するための効果的な手段です。使用方法は、キーシリンダーの入口に接点復活剤を噴射し、キーを何度か回すことで内部に浸透させます。これにより、接点の状態が改善され、電気の通りが良くなります。ただし、接点復活剤で改善しない場合もあり、その場合はキーシリンダー自体の交換が必要になることがあります。

定期的に接点復活剤を使用することで、キーシリンダーの寿命を延ばし、トラブルを未然に防ぐことができます。接点復活剤の使用は簡単で効果的なメンテナンス方法の一つです。

【疑問3】バイクの鍵を刺しても回らないのはなぜですか?

「バイクの鍵を刺しても回らないのはなぜですか?」

バイクの鍵を刺しても回らない原因は、いくつかの要因が考えられます。

まず、鍵穴や鍵自体の汚れや錆が原因です。長期間使用していると、鍵穴内部に汚れや錆が蓄積し、鍵が正常に回らなくなります。次に、鍵の磨耗も影響します。頻繁な使用により、鍵の形状が変わり、鍵穴に正しくフィットしなくなることがあります。また、鍵穴内部のピンやスプリングの劣化も原因です。これらの部品が摩耗すると、鍵が正常に回らなくなります。対策として、鍵穴に専用の潤滑剤や接点復活剤を使用し、鍵を挿入して何度か回すことで改善される場合があります。これでも解決しない場合は、鍵穴内部のクリーニングや部品の交換が必要です。

定期的なメンテナンスにより、鍵や鍵穴の寿命を延ばし、スムーズな操作を維持することができます。

【疑問4】バイクの鍵が刺さらないときはどうすればいいですか?

「バイクの鍵が刺さらないときはどうすればいいですか?」

バイクの鍵が刺さらない場合、いくつかの対処法があります。

まず、鍵穴や鍵自体に汚れや異物が詰まっている可能性があります。鍵穴専用のクリーナーやエアダスターを使用し、内部の汚れや異物を除去することが有効です。次に、鍵の磨耗や変形も考えられます。鍵が磨耗している場合、新しい鍵に交換することを検討してください。また、鍵穴内部のピンやスプリングが劣化している可能性もあります。この場合、専門の修理工場での点検と修理が必要です。さらに、寒冷地では鍵穴が凍結することもあります。鍵穴が凍結している場合、鍵穴専用の解氷スプレーを使用し、凍結を解消します。これらの方法で鍵が正常に刺さらない場合、鍵穴全体の点検を受けることをおすすめします。

定期的なメンテナンスにより、鍵や鍵穴のトラブルを未然に防ぐことが重要です。

まとめ:バイクのキーを回しても電源が入らない原因と対処法

バイクのキーを回しても電源が入らない原因と対処法をまとめてきました。

改めて、バイクのキーを回しても電源が入らない原因をまとめると、

バイクのキーを回しても電源が入らない原因

  • ヒューズの切断
  • 電気系統の配線の不具合
  • バッテリーの劣化や放電
  • キーシリンダーの接触不良
  • イグニッションスイッチの故障

上記の通り、バイクのキーを回しても電源が入らない原因は多岐にわたります。

ですので、突然のトラブルに見舞われないように、定期的なメンテナンスや日頃からできる対策が何より大切になります。